今日のたっくん

へんてこ新米夫婦のマンガ & 生活日記

続々*チビ、はじめての発熱

突発性発疹だろーなー

…なんて甘く見ていたら予想外の展開。

チビ、入院しました。

 

朝起きて、熱は下がっていなかったけれど、体に発疹が

出ていたので「おお、発疹出たから突発で間違いないかな?

とりあえず、昨日また来てって言われてたし

診断つけてもらえるし行くか」と、気軽な気持ちで小児科へ。

すると、予想外のお言葉。

「熱が下がってないのに発疹が出ているのはおかしい」

念のため採血させて下さい、とのことで、泣きわめくチビを

なだめながら採血•点滴。

その結果は、

川崎病の疑いがあるので、入院してもらいます」

…と。

え?

にゅ、入院?!

予想外すぎる言葉に一瞬、パニック。

川崎病

もしそうであるなら、特殊な治療が必要で、場合によっては

心臓に影響があるから検査しないといけない、と。

0才の我が子に入院という話が来るなんて。

嘘だと思いたい。

でも、私がしっかりしなくちゃ。

悲しむのも、落ち込むのも、あと。

とりあえず必要な行動をとらなければ。

 

そんなわけで、精査•入院のできる病院へ移動し、

レントゲンや心エコー、再採血などなど検査。

やはり川崎病で間違いないだろうと、今日から早速

治療がはじまりました。

 

 

チビは、検査のたびに号泣。

熱があってしんどいこともあり、ずーっとグズっていました。

見てるこっちもつらい。

でも、いちばん頑張ってるのはチビだ。

 

今は、疲れたのか横でスヤスヤ寝ています。

今日は、ほんとに色んなことがあったね。

つらかったね。

がんばったね。

早く治そうね。

 

今回、いちばん反省したのは、昨日に先生から言われた

「経過を見たいから明日また来て」という言葉に

「そんなの、意味あるの?」…と思ったこと。

今日行かなければ、こんなに早く対応できなかった。

気軽に考えすぎててごめんなさい。

経験豊富な、おばあちゃん先生に感謝、感謝。

 

やっぱり、念のため、念のためって、色んな可能性を

考えていかなければダメなんだなあ。

マイコさんも親になったんだ、しっかりしなくちゃダメですね。

 

付き添い入院、大変だけどがんばるぞ!!!

チビも、がんばろーね!!