読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のたっくん

へんてこ新米夫婦のマンガ & 生活日記

こばやしひさこ先生の本を衝動買いしました

f:id:ruka_piko:20141024205008j:plain

前回の「妊娠したら断乳しないといけないの?」という記事で

マイコさんに勇気をくれた助産師さん、こばやしひさこ先生が

 本を出されていると知って、衝動買いしてしまいました。

みんな違っていいやん!」と「9人産んじゃいました!」の2冊。

 

9人産んじゃいました!」の方はマンガで、30分もあれば

サクッと読めちゃう大家族エッセイ。

レビューでは、

「欲しくても授からない人や、経済的に何人も産めない人が

 読むとつらいと思う」

助産師で年子で産むリスクを知っているはずなのに

 なぜ何度も年子で産む?どこが計画的?」

「真似をする人が出てくると思うと恐ろしい」

などなど、批判的な言葉もありましたがまあ一理あるかなとも思いつつ。

マイコさんには、「9人産んで大変なこともあるけど幸せだよ」という

子育てへのポジティブなメッセージに読み取れました。

想像しただけでも大変そうだと思いません?

2人、3人どころか9人もいるなんて。無法地帯と化しそうです(^^;

でもそこは「最低限守りたい自分ルール」を作って、こどもと関わっている

とのこと。実際、いいお子さん達なんだろうなって、感じます。

「こどもが多いってきっと楽しいんだろうなあ」と、思わせてくれる本です。

 

そして「みんな違っていいやん!

これは素晴らしい。批判する人、少ないんじゃなかろうか。

人生で「ママになる」という試練を与えられた妊婦さんからお母さん。

子育て本やネットの情報で頭がこりかたまり、思い通りにいかないと

イライラしたり、不安になったり。そんな経験ないですか?

「妊娠中は余計なもの食べちゃダメ!」

「予定日までに産まなくちゃ!」

「授乳は3時間おき!」

「お風呂の温度は〇度、赤ちゃんの体温は〇度、1日の寝る時間は〇時間・・・」

などなど、育児本の内容通りにしようと必死になってませんか?

実際、マイコさんはそうでした。

なのでこの本を読んで、スーッと気持ちが楽になりました。

「思い通りにならへんで当たり前やねんで。」

そう思って出産・子育てできれば本当に素敵。

はじめての妊娠の時に、これ読めたらよかったのになあ。

友達がはじめて妊娠したらオススメしたい、そんな本です。

 

興味をお持ちになられたら、ぜひ1度手に取ってみて下さいね^^

 

 

 

 

f:id:ruka_piko:20130505022855g:plain にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

↑ランキング参加中です☆ ポチッとクリックするとマイコさんに一票入ります(・∀・)

よろしくお願いします!

 

f:id:ruka_piko:20130505125341g:plain

↑ここで、「たっくん4コマ」のもうすこし大きい画像が見れますよん♪