今日のたっくん

へんてこ新米夫婦のマンガ & 生活日記

チビ(1歳)の腕が動かなくなった!!

思えば、前日から機嫌は悪かったのです。

その日、朝起きても機嫌の悪いチビ。

朝はいつもニコニコしているのに、こんなこと初めてでした。

「おかしいな?」と思ったのは朝食の時。

「まんま(ごはん)できたよ〜」と声をかけると、いつもなら

「まんまー\(^o^)/」と、ニコニコしながらハイハイしてくるのに

布団の上から動こうとしないで不機嫌そうな顔。

「こっちおいで」と、言っても反応なし。

仕方ないので抱き上げて、椅子に座らせました。

朝ごはんを食べさせている時、左腕をだらんとさせて

全く動かしていないことに気付きました。

左側からスプーンを持ってきても、右手でとろうとする不自然さ。

動かそうとすると「ひーん」と、全力で拒否。

おかしいな?・・・と思いながら、なんとか朝食は終了。

けれどその後も、カーペットの上にちょこんと座って、

まったく動こうとしないのです。

いつもならおもちゃで遊んだり、家事をするマイコさんの所に

ジャマしに来たりするのに。

おむつ交換の時も、いつもなら逃げようとしてひと苦労なのに、

仰向けで動かず、左腕はだらりと脱力。

どう考えてもおかしい。

脱臼したにしては、泣き叫ぶ様子もないし・・・

とりあえず小児救急の本を調べてみることに。

そこで、ひとつの病名を見つけます。

肘内障

f:id:ruka_piko:20141230164814j:plain

4才くらいまでの幼児に起こりやすい、肘の靭帯が外れる病気。

「痛そうに泣くこともあるが、あんがいケロッとしている」

・・・これに近い。

いつからだろう?

・・・と思い返してみる。

昨日の昼すぎはハイハイしていました。

たっくんいわく、夕食の時にはもしかしたら

左手は動かしていなかったかもしれない、とのこと。

本には、

「なるべく早く病院に行きましょう」

と、あるものの運が悪くその日は日曜日。

そこで、救急相談ダイヤルに電話して聞いてみました。

やはり、病院に連れて行った方がよいとのこと。

住所を伝えると近い小児救急の病院をいくつか紹介してくれたので、

電話してみようと思った矢先、たっくんが一言。

 

「整復したで。」

 

えっ( д) ゚ ゚

 

なんと肘内障の治療の仕方を調べて、整復したようです。

「なんか、カチッとはまる音がしたから戻ったと思う」

 

カチッとしたって!!

ちょっ、たっくん!!(笑)

 

チビは整復の時の刺激で泣き叫んではいたけれど、さっきまで

ピクリともしなかった左腕が少し動いてる・・・!!

そして、時間が経てば経つほど動き出す左腕。

みるみるうちに機嫌がよくなるチビ。

 

まじか、ホントに靭帯外れてたなんて!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

 

でも、こうもみるみる改善したところを見ると疑いようがありません。

たっくん、すごい!!

 

そうして、その後いつもの調子を取り戻したチビ。

うっとおしいぐらい動き回ってます。笑

 

なかなか気付いてあげられなくてごめんね。

原因不明の号泣、もしかしたら癇癪だけじゃなくて

こういうこともあるので、みなさま「ああ、またか」って

流しすぎにはご用心f^_^;

 

今回、かなりお役立ちだったのはこちらの本。

f:id:ruka_piko:20141230164858j:plain

お母さんに伝えたい 子どもの病気ホームケアガイド

アマゾンのレビューもかなりいいですし、なにかあったときに

パッと調べられる本が手元にあるっていいなって、

マイコさんもつくづく思いました♡

わかりやすくてオススメですよー!!

 

 

 

f:id:ruka_piko:20130505022855g:plain にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

↑ランキング参加中です☆ ポチッとクリックするとマイコさんに一票入ります(・∀・)

よろしくお願いします!

 

f:id:ruka_piko:20130505125341g:plain

↑ここで、「たっくん4コマ」のもうすこし大きい画像が見れますよん♪