読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のたっくん

へんてこ新米夫婦のマンガ & 生活日記

本屋の森のあかり

おススメまんが

久しぶりのオススメマンガの更新です\(^o^)/

今回は「本屋の森のあかり 12巻」最終巻です☆

f:id:ruka_piko:20150908160103j:plain

おおまかなあらすじは書店で働く「あかり」が、書店での

色んな人・本との出会いを通して成長していくお話。

 

このシリーズは第1話から、ひとつのエピソードごとに

1冊ずつ、現存する本の内容とリンクさせて

ストーリーが進んでいくしくみなんですが、それがまた面白い。

出てきた本を「懐かしい!読んだ、読んだ」と思ったり

未読なら「読んでみたいな」と思ったり。 

そんな本との出会いがある、とても素敵な物語。

昔は読書が大好きで、よく食べるのも寝るのも忘れて

読みふけったものですが、最近はそんな時間が

めっきり減ってしまってさみしいなあ。

落ち着いたらまた、読書の時間とか持ちたいな。

 

そんなわけで、各話楽しみに読んでましたが

とうとう最終巻まできちゃいました〜。

あかりの転職はどーなるの?!

あかりの恋はどーなるの?!

ネタバレ入りますので、未読の方はご注意を!

 

 

++++

 

 

お父さんが逝去して、悲しみに暮れる寺山さんに手をさしのべたあかり。

そして、そのあかりの手を取り、抱きしめる寺山さん。

(深い意味はないんだろうけど、でも)

自分は一度ふられているのに、まだ寺山さんのこと好きなんだ、と感じる。

「笑っちゃいますよね」と自虐するあかりに、

「なんで?笑わないよ。もう少しがんばれ」と、励ます栞さん。

栞さん、素敵♡

 

そして2人が抱擁していたところをこっそり見ていた親戚の子供。

大人たちに「なんかえろいことしてたよ」と告げ口(笑)(笑)

女っ気のない人生を送ってきた寺山さんなので、

親戚一同、くっつけようと必死。笑

ねぶた祭りに行ってこい!行がねがったら勘当だ!」

・・・とまで言われてますf^_^;

 

そんなこんなで、ねぶた祭り。

あかりはそこで再度、告白します。

「もうこれでほんとにだめだったら、すっぱり消えられると思います」と。

そして寺山さんも、想いを告げます。

f:id:ruka_piko:20150909155652j:plain

よかったねぇぇぇぇ、あかり!。゚(゚´Д`゚)゚。

 

場面は変わって、山川書店からの課題「グッド・バイ」の感想文の提出。

あかりは思い切って、POP形式で提出。

それが功を奏して、採用となります。

退職願を提出するあかり。

そして、須王堂書店の最後の日。

売り場で思いに耽っていると緑くんが現れます。

「どーだった、青森」

「・・・うん」

そう答えるあかりを見てすべてを察した緑くん、

「・・・そっか、よかったな」と、返します。

 

山川書店で働く初日。

いきなり店長がギックリ腰になり、店長代理として働かされることに。

店長のようにスムーズな仕事ができず、落ち込んだりもしながら、

店長の目指すのは「顔の見える本屋」だという思いを知ります。

(わたしがやりたかったことも、そこにあるんだと思う)

と、改めて感じるあかり。

そして復帰した店長から渡された名刺には

「店長」高野あかり、と書かれた文字が。

驚くものの、

「こうなったら、やってやる」と気持ち新たに、前に進んでいきます。

 

須王堂でのあかりの送別会。

スタッフが1冊ずつ、あかりに本を贈ります。

あかりも、挨拶の言葉をみんなに伝えます。

そして解散時、緑くんがあかりの頭をなでて。

「酔っ払ってるってことで許せ」と、微笑みます。

「じゃあな」

 

そして、寺山さんとふたり、過ごしていく時間・・・

 

 

++++

 

 

そんな、終わりでした。

 

もー、寺山さんが!!

どストレートな愛情表現ばっかで終始ニヤニヤでしたよ〜、も〜!!

恋を知らない人が恋をするとこうなるのか?!・・・って感じです(*´艸`*)

もっと2人のラブラブ、見たかったな〜。

 

告白のセリフもまたいいですよね。

「僕も、好きです。

とても、・・・とても。」

この「とても」を、2回言うのもなんだか寺山さんらしくて素敵でした。

こんな風に言われてみたいな〜。

ツンデレ緑くんも可愛くて好きでしたが、マイコさんは寺山さん派でした。

一緒にいて癒されて、落ち着く人がいいですね。

 

本編の他に、緑くんと栞さんの番外編ものってます。

緑くんエピソードはお仕事の話で、恋愛ではなかったですf^_^;

でも、それでいいのかも。

あかりとは結ばれなかったけど、ゆっくり、新しい人と出会って、

恋して、幸せになってほしいな。

緑君はあかりに告白した時、もう少し押してたらまた違った結果が

あったんじゃないかなあと思ったり。あかりも迷いがあったし。

でも、本当に好きなのがだれか、を知っているからこそ

身を引いてしまったんでしょうね。優しすぎたんだろうなあ~。

 

余談ですが、マイコさんは子供が産まれたら

「あかり」って付けたかったんですよね。

結局、画数の関係で断念しましたが

主人公があかり、ってだけで勝手に親近感もってました。笑

いい子でよかったです\(^o^)/

 

11巻に出てくる「ものぐさドラゴン」、読んでみたいなー。

 

 

 

 

 

 

f:id:ruka_piko:20130505022855g:plain にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

↑ランキング参加中です☆ ポチッとクリックするとマイコさんに一票入ります(・∀・)

よろしくお願いします!

 

f:id:ruka_piko:20130505125341g:plain

↑ここで、「たっくん4コマ」のもうすこし大きい画像が見れますよん♪