読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のたっくん

へんてこ新米夫婦のマンガ & 生活日記

「プラネットラダー」が好き

久しぶりに、好きなマンガの話をちょこっと。

以前「少年魔法士17巻」という記事でも書いた、

なるしまゆりさんの作品をご紹介。

 

この作者さんは、基本的にファンタジーの漫画を描かれているのですが

(魔法使いとか、異世界とか)でも、基本的なテーマは「人間」について

なんじゃないかなあと思って読んでいます。好きな漫画家さんの1人です。


たくさん本を出されていて、既読なのは「少年魔法士」「原獣文書

不死者あぎと」「プラネットラダー」のみなんですが、

完結していて、かつ大好きな「プラネットラダー」という作品を

今回はご紹介したいと思います(^^

 

f:id:ruka_piko:20140823081858j:plain (画像は楽天市場さんからお借りしました)


ではでは、ストーリーを簡単にご紹介。いつものようにちょっと

ネタバレしてますが、その方が分かりやすいと思うので書いちゃいます。

 

主人公は「かぐや」という名前の高校生。

どこにでもいる普通の人見知りな女の子・・・なんですが、

よく見たら眼が碧眼。しかし「かぐや」は、どうして自分の眼が青いのか、

自分がどこからきたのか分からないのだ。


「なまえは・・・カグヤ。おとしは 4さい・・・」


一人ボロボロの服を着て、道端で泣いていたところを警察に発見され、

春山家へ引き取られたかぐや。

普通の日常を暮らしていた彼女は、ある日謎の外人にさらわれてしまいます。


気付いた時には、周りは森だらけ。

言葉を話せない人形と2人(?)きりにされてしまいます。

食べ物も飲み物もないので、なんとか人里を探すために山を降りることにします。

そうするうち、いま自分がいるのは「異世界」であることを知ります


宇宙は多層に重なり合っていて、一層ずつに「地球」が存在する。

人類が進化した地球は現在9つあり、それぞれ「1界」「2界」と

数字がついている。「かぐやがいた地球」は「3界」なのだそうだ。


そんな今まで聞いたこともない話に、なにがなんだか分からないかぐや。

しかし、そんな彼女をよそに状況は大きくなっていく。


異世界で出会った少女「バンビ」は言う。

「言い忘れていたわ。近々宇宙は滅びそうだということを」


多層に重なり合った宇宙は、少しずつ軌道を曲がって進んでおり、

この一帯の「界(地球)」はすべて衝突してしまうというのだ。

それを「終末」と呼び、人々は不安を抱いている。


しかし、救済の伝説があるという。

それは「あなないの娘」と呼ばれる少女。

 

「終末」の時、その少女は生き残る界を1つだけ選ぶことができる・・・

彼女に選ばれなかった世界は、全て滅ぶという伝説。


その少女の名は・・・「カグヤ」。黒髪碧眼の少女だというのだ。


平和な日常からいきなり異世界に飛ばされ、滅びそうな世界を救うカギは

あなたです、と言われてしまった普通の女の子「かぐや」の運命は

どうなってしまうのか。

 

こんな話です。どうですか?

「宇宙は多層」とか言われても、意味分かりませんよね。

大丈夫、主人公かぐやちゃんも分かってませんから 笑


ストーリーだけ聞くと「SFもの」なんですが、話の流れはそうでも

やっぱりこの作者さんの「人間を描く」カラーがとても出ていると思います。

出てくるキャラクターすべてがとても個性があって、魅力的です。


1、2巻は正直この漫画の世界の説明が主で、物語としては進まないのですが

かぐやが「あなないの娘として、世界のことを考える」ようになってからは、

物語が進みだします。

なので、3巻までは読んでみて~!というか、ほんとは全巻読んでほしいんだけど!


このどうしようもない「終末」というスケールのでかい話に向かって

広げた風呂敷を,、作者がどのようにたたんでいくか必見です。


個人的に、3巻の「2界編」の話が好きです。

タケの、セーウさんへの生への思いをぶつけるシーンが名言。

広島出身の彼なので、方言です。笑

 

「セーウ様、あんた、生まれてきてよかったと思ったことは・・・!?」


「あんたはそんな気持ちのままで死んじゃダメじゃ

あんたじゃゆうて誰じゃゆうて いつかは死ぬるんじゃけえ

そんな当たり前ん事に振り回される為に 生まれてきたんじゃなかろうよ」


「 『生まれてきてよかった』 ゆうて1度でも思えたら

  そんで人生の一勝じゃ」


「わしは あんたに勝ってほしいんじゃ・・・!」

 

・・・というシーンがあります。タケ、いい味だしてます。

太字にした言葉が、大っっっっ好きです。笑

このセリフ、ストーリーを読んでから聞くとさらに深みがでてきますので、

ぜひぜひ一読あれ~(^^


コミックスは全7巻ですが、現在は文庫本が全4巻ででてます。

こっちのほうが買いやすく手に入りやすいかもです♪

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ruka_piko:20130505022855g:plain にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

↑ランキング参加中です☆ ポチッとクリックするとマイコさんに一票入ります(・∀・)

よろしくお願いします!

 

f:id:ruka_piko:20130505125341g:plain

↑ここで、「たっくん4コマ」のもうすこし大きい画像が見れますよん♪