今日のたっくん

へんてこ新米夫婦のマンガ & 生活日記

チビ、はじめての入院 ー 13日目

赤ちゃん付き添いでの入院は、大部屋?個室?

…ストレスをなるべく少なく付き添い生活を送ろうと思ったら、

マイコさんは個室をオススメします。

 

今回入院している病院は、付き添い者にとってはなかなか過酷な環境。

まず、食事がでない。

買い置きするか、院内のコンビニで買うしかないです。

そして、お風呂もない。

近所の銭湯に行かないといけない。

上記のことは1人なら問題ないんですけどね。

チビがいるとなると、そう簡単に外出はできません。

母親に頼んで来てもらって行くか、

看護師さんにチビを見ててもらうか、なんですが。

小児科なので、マイコさんのような人は他にもいるわけで。

看護師さんに頼みたい時に、忙しくてバタバタしていて

「ずっと見ていられないかもしれません」なんて言われたり

「今の時間はベッドがあいてなくて」とか言われたりします。

なかなか不自由な感じです。

 

そして、寝るところはチビのサークルベッドの中。

もちろん、赤ちゃんがベッドの中でおとなしく寝ているわけもなく。

もともとチビは家では大人用布団を二枚つなげた上を

ゴロゴロして寝てるので、ベッドのスペースは狭いんですよね。

なのでマイコさんは、なるべくチビの寝返りのジャマにならないように

ベッドの下のほう〜で、身体を折りたたんで寝るわけです。

熟睡なんて、できないですよね。

更に、授乳でも起こされますし。

 

でも、いちばん頑張ってるのはチビだから。

ここで、親が弱音吐いてどうする。

食事なし?…耐えましょう。

風呂なし?…耐えましょう。

眠れない?…耐えましょう。

 

でも辛かったのは、こんなことではありませんでした。

それは大部屋に移ってから。

四人部屋で、スペースも広くていい感じなんですけど。

周りの人たちにほんっっとぉ〜〜〜に気疲れします。

だって、チビは赤ちゃんだから。

どんな時でも構わず叫ぶし、泣くし。

昼間はまだいいんですが、夜が困ります。

そろそろ自我?が芽生えはじめてきてるチビ。

思い通りにならないと叫びます。

うまく眠れなくて叫ぶ。

目が覚めておっぱいがないと叫ぶ。

お腹空いても叫ぶ。

「周りの人に迷惑にならないようにしなくちゃ!!」…と、

今まで以上に必死になります。

そうすると、大きな声を出しているチビに対して

「お願いだから静かにしてよ」

…という感情でいっぱいになってしまいます。

でも、チビは悪くないのに。

こんなイライラしてチビに関わってしまう自分にも自己嫌悪です。

そして、寝かしつけの時にも、周りの話し声や物音でなかなか寝ません。

寝ても、すぐ起きることになったり。

お互いさまなんですが、寝た直後やったりするとガクッときます。笑

そしてタイミングの悪い看護師さんの検温や点滴。

なぜ朝の検温を5:30に来るのだ?

もれなくチビは目覚めるではないですか( ̄◇ ̄;)

それからチビが寝なかったら、8時の朝食の時間まで

必死に大声出さないようにあやし続けないといけないんですけど…

(周りのみなさんはだいたいその時間まで寝てるので)

 

そんなこんなで、大部屋に移ってからのほうが疲れてる気がします。

本当は、チビに自由に過ごしてもらいたいのにな。ごめんね。

 

個室代がね。

一日1万円なんですよね。

もし、今日まで個室に居続けたら13万円です。

そして、まだ退院が決まったわけでもないわけで。

かなりの出費になっちゃいます。

だから、大部屋で耐えてるんですけど…

今思えば、チビに保険をかけていたら。

気兼ねなく個室に入れてたんだよなーって後悔してます。

月千円くらいの共済の保険があるらしいですね。

0才にして入院することになるなんて考えてもみなかったんですけど。

もしもの時のために、入っておいて損はないと思います。

 

今日は愚痴ではじまり

愚痴で終わり、失礼しましたf^_^;)

 

そんなわけで、子供が産まれたら

保険加入!!ですよ!

(↑  どんなシメやね〜ん  笑)